[L型/コの字型キッチン]レイアウトのメリットやリフォーム時に注意したいポイント

システムキッチン

こんにちは

今回はL型のキッチン、コの字型のキッチンについて、写真を見ながら、そのレイアウトのメリットやポイントについて、プランナーとして言及してみようと思います。

L型/コの字型キッチン事例

マンションでのL型キッチンレイアウト事例

こちらの事例はL型にカウンターを接続させてコの字のように使用している例です。

このレイアウトのいいところはキッチンに立っている時、壁向きになりっぱなしにならず、外の景色や明るさを楽しめるところかなぁと思います。お子さんがいる家庭では、隣の部屋の様子もわかりますし喜ばれるレイアウトの一つです。

機能的な面から言っても、キッチンをI型で壁向きにすると、家事導線が直線的になるので、理想としてはこのようにできるだけ三角形に近い形にしてゆくと少ない動きで家事ができます。L型とかコの字とか。

あとこの写真の場合には、冷蔵庫の位置が不明なのでその辺りも本当は検討したいところ。。

過去には以下のようなプランを行ったこともあります。壁向きのキッチンをリビング側のカウンター+L型キッチンへ変更しました。メーカーの商品を使いながら、この場合にはカウンター拡張を特別に特注で対応しております。

壁向きのキッチンをリビング側のカウンター+L型キッチンへ変更
壁向きのキッチンをリビング側のカウンター+L型キッチンへ変更

壁側にL型キッチンを向ける場合

一方下の写真のように、壁向きにガスコンロを据え、真ん中にシンクを持ってくるのも一つのプランかと思います(アメリカンスタイル)。

センターのテーブルで朝夕ささっと食事が取れるので重宝するレイアウトです。

多くは別にダイニングテーブルがあり、休日などゆっくりした食事はそちらでとることが多いです。

またこのレイアウトだと、ものが出しっぱなしになっているのが丸見えなので、収納に工夫したいところです。

収納量を考えると、手狭なファミリータイプのマンションでこのレイアウトを行おうとするのは結構スペース的に厳しいことが多いです。それか割り切ってリビングの大部分を占有するか。。。

区切られた一部屋の中でのL型キッチン

以下のレイアウトは結構実践的で、戸建て・マンションともに日本の狭小な住宅においても採用しやすいレイアウトです。

まず、ごちゃごちゃしやすいキッチンを一つのスペースにまとめてしまうことで、来客時など気にせずに扉を閉めて、隠しておけるそんなラクな使い方ができます。

またコンパクトながらもこの字型のキッチンレイアウトは家事導線を最小にできるので毎日疲れにくく効率的に調理が楽しめます

上の写真では右手に窓がありますが、戸建てであれば左側の(今は見えていませんが)壁もガラスで仕切ったりすることで、閉塞感は減らせますし、リビングを見通せるキッチンにすることも可能です。

↓キッチンの事例ではないですが、カウンターの手前に右のようなインテリア窓をつけたりしても可愛いですよね。

リクシルのデコ窓

実際に以下のような施工も行いました。囲われたスペースに新たな導線と収納力を付与したキッチンリフォームの事例です。

ハーフオープンのL型キッチン

下の写真はこの字型の一方をカウンターにしたタイプ。

こういうレイアウトはマンションなど狭小な物件にも相性が良さそうですね。

L型・この字型キッチンへのリフォームのポイント

壁づけのキッチンと異なり、ワークトップの接合が絡んできますので、以下のような内容に注意しましょう。また戸建てかマンションかによっても実現可能性が変わってきますので、これも合わせて留意しておく必要があるでしょう。

カウンターの奥行きに注意

以下の画像のように、この字のカウンターを作りたい場合に、カウンターの奥行き(45cm,65cm,90cm等)を自由に組み合わせられるかはメーカーによって対応が異なるので注意が必要です。

出典:トクラス
このメーカーであれば人造大理石ワークトップの自由な設計が可能

戸建ての場合には”壊せない構造壁”に注意

戸建ての場合には既存キッチンが囲われている場合、手前の壁を壊したいなどの要望が多くありますが、構造壁になっている場合には基本的に壊せません(オープンにできません)ので、事前にきちんと把握しておくことが肝要です。

具体的にリフォームを検討している方は、以下のリンクからご相談が可能です。ご予算やデザイン、ご希望の機能性について是非ご相談ください。*現在東京主要エリア限定サービスとなっております。

具体的にキッチンリフォーム を考えている人へ
理想のキッチンを形作るまでにどんなことが必要になるのか、また具体的なキッチンプランニング、リフォームのご相談まで
システムキッチン 全て
Written by
so.arata / プランナー

貴方にぴったりのキッチン選びをサポート。リフォームのご相談はデザインキッチンTOKYOへ〜

designkitchenTOKYOをフォローする
シェアする
dkt | プロの視点で具体的なキッチン選び
タイトルとURLをコピーしました